英会話は実践が上達の極意の話 1

昨今の中国や東南アジア等の新興国家の台頭により、アジアが一代発展経済圏になりつつあるが、その為には英会話の取得が必須と言われています。とあるネット通販会社の公用語が、英語になったと話題になったのは、最近のことです。その報告によれば、制度導入初めにはTOEICと言う英会話テスト基準で四百点未満の比率が六割近かったものが、今では一割近くまでの減っているとの事です。これも、企業として常に会議や書類、発表と言ったありとあらゆる機会に、英会話を実践する体制が大きく英会話自体の実力を向上させた事例だと思います。考えれば、大学を卒業するまでに、学生が英語を学ぶ期間としては、少なくとも十数年間は有り、必要十分な教育は既に我々には有るとみるべきなのです。むしろ、その頭だけで学んだ英会話を、日常的使う訓練の場をより多く持つ努力が欠けているだけなのです。もちろん、専門的な単語が、その分野で勉強が必要ですが、普通に生活するに十分な知識を、我々は十分学んできていると思ったら良いと思います。

【埼玉】引越しのゴミを回収・処分にお困りならクリーンハウスへゴー!

荻窪 賃貸

尼崎で胃カメラ検査をするなら、前田ファミリークリニック

ビルや病院の清掃業務は株式会社ベルにお任せ!

二重 口コミランキングサイト